全15ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.07.20     カテゴリ:  LEICA M9 

   LEICA M9

ようやく念願のMデジタル。
Type240とM9、そしてMMで悩みました。予算も厳しいです。
あれやこれやと悩んでいる日々、某中古カメラ屋で、なんでこの値段!という美品クラスのM9に
出会ってしまいました。CCDは未交換らしいですが、症状が出たらその時はその時。今を楽しもうと即GET。
すぐその日から、試写三昧。ちなみにショット数は3500くらいのようです(某サイトの計算式によると)。

日ごとレンズを替えながら、色々探っている状態です。jpegは色の出方が独特だったりしますが、RAWだと
なかなか現像しがいがあります。EPSON R-D1の絵作りが、ノイズを生かしたフィルムライクなものだったのと
何処か共通点を感じます。そして、色の伸びというか艶感はCANON EOS1Ds初代を彷彿とさせます。
じゃぁ、M8はどんな写真が撮れるのか…興味は広がるばかり。

でも、問題が無い訳でもありません。M9のSDカード相性問題。
今日、新しいSDカードを使ったら早速フリーズしました。




sma1
LEICA M9 /Summaron35f3.5


lux1
LEICA M9/ SUMMILUX35f1.4


ema1
LEICA M9 / Elmarit-28mmf2.8 (2nd)


hel1
LEICA M9 / Rodenstock Heligon 35f2.8


m9
Fuji X-E1 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
スポンサーサイト

2014.08.21     カテゴリ:  SIGMA DP2 

   Foveonの夏

201408dp2
SIGMA DP2



陽射しが強くなってくると使いたくなるのがFoveon。
夏の到来と共にDP2を持ち出したら、カード書き込みエラーが…。
二週間ほどで修理から戻り、しかも無料。
さすがユーザー想いのSIGMAさんですね。




2014.06.24     カテゴリ:  CANON EOS1Ds 

   blurry vision

blurry-vision
CANON EOS1Ds / Leica Elmarit-R35mmf2.8(type3)


桜を撮影した直後から、左目に病気が現れた。
今まではひと月ほどで回復していたが、
今回は長引いてるなぁ。

視界不良の日々に見えていた光景を
後日、治った眼でじっくりと見返さんがために
今は撮影しているという感じ。

写真機の手入れも大切ですが、自身の健康あってのこと。
皆様もご自愛ください。



2014.02.22     カテゴリ:  fuji X100s 

   印象派

x100sf2
fuji x100s



fujiもなかな粋なレンズを造るなぁと思います。
f2程度の開放値であれば、きっちりしたものを造ることも
容易いとは思いますが、あえて収差を残したレンズにしてくれたことに
表現の多様性を理解しているなと思わせます。
勿論、PCで後から効果を加えることも出来ますが、加工したものは
どこか整然とし過ぎている感を拭えない気がします。

徹底したリアリティにはシャープなディテールが必要ですが、
心象風景みたいな内面のイメージを投影しやすいのは柔らかい描写だったりします。
x100sのレンズは絞りによってその変化を楽しむことが出来ます。
古くさいレンズとの批評もありますが、僕はむしろ魅力を感じています。
x100系のコンパクトなボディとハイブリッドファインダー、そして個性あるレンズの
組み合わせは写真を撮る楽しさの原点が詰まっています。


2014.01.22     カテゴリ:  EPSON R-D1 

   やっぱりレンジファインダー

sansui
EPSON R-D1 / Leitz Summaron35f3.5


しばらくメイン機にFuji X-PRO1を使っていましたが、レンジファインダー用レンズは
レンジファインダー機で使ってこそ一体感が伴い、撮影のリズムがもたらされるんですよね。
レンジファインダー(RF)機は、パララックスが生じたり最短撮影距離が一眼レフに敵わなかったりと
不便な面もありますが、それでも性に合う人にはたまらなく軽快な写真機だと思います。
ファインダー内の素通しの風景をさらにブライトフレームによって切り撮る感覚は、一眼レフでの被写体への
アプローチの仕方とは異なります。
Fuji X-PRO1も専用レンズであればなかなかいいファインダーだと思います。

そんなこんなでRFしたくなり、久々にEPSON R-D1を引っ張り出してきた次第です。
本来ならフィルムでMライカですが、そこは節約モードの正月明けなので…。
今となっては600万画素のデジカメなんてトイデジかと思われるかも知れませんが、
純正のRAW現像アプリケーションソフト「EPSON Photolier(エプソン・フォトリエ)」を
使用しての絵はまだまだ現役です。そして透明感とか色の伸びやかな感じはCCDセンサー故なのでしょうか?

ちなみに、今日の散歩中立ち寄った神社でお祈りしたのは、どうかLEICA MデジタルがGETデキマスヨウニ…でした ^ ^;



R-d1




プロフィール

晴月と黒猫

Author:晴月と黒猫
写真のセンスのいいヤツは
どんな写真機で撮っても
上手いんだよね…

でも、いい写真機は
それだけで
日常を楽しませてくれる。

FC2ブログランキング

最新トラックバック


FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。